子供の野菜嫌い克服するためにできること

ホットケーキ

子供の野菜嫌い克服というのは、はっきりいって難しいです。
嫌いなものを食べろといっても誰も食べません。
さらに相手が子供だと、野菜の重要性を理解できないのでなおさらですよね。


なので、真正面でぶつかっても母親のほうが疲れるでしょうし、子供もエネルギーを使います。


おすすめの方法は、まだ2歳などの小さい時は、野菜とわからない
状態にして、食べさせるほうがお互いにはいいと思っています。


そして、3〜4歳になりもうちょっと理解できるようになったら、イチゴとかりんごとか子供で少な果物をよくあげるようにしてからだと、トマトとかなじみがよくなるかもしれません。


当然、甘味のある野菜を選んだり、皮をとったり塩をかけてみたりなどの工夫が必要です。
とりあえず3〜4歳くらいは、好きな野菜限定で乗り切ってください。

そして、5歳以降は、嫌いな野菜でも自立して食べる子も増えてきます。
それでもダメなら、調理法で工夫が必要でしょう。


野菜嫌いをしっかり計画しないと、一生野菜を食べないおとなになってしまうので注意しましょう!